福祉車両 買取

福祉車両を一番高く買取する業者がサクッと見つかる秘訣をご紹介します。完全無料で忙しい方でもアッという間にできてグーンと高く売れる便利な方法です。今使っている福祉車両がいくらなのか買取相場価格を知りたい方にもピッタリです。

福祉車両 買取 ≫ 福祉車両の買取はココ!福祉車両を高額で売却する秘訣

福祉車両を一番高く買取する業者がサクッと見つかる秘訣をご紹介します。完全無料で忙しい方でもアッという間にできてグーンと高く売れる便利な方法です。今使っている福祉車両がいくらなのか買取相場価格を知りたい方にもピッタリです。

福祉車両は介護という目的に特化してシートの回転昇降や車いすのリフトやスロープ用に改造してあるので、普通の中古車店には買取を断られたり売りにくかったり、改造費がかかっている割にはディーラー下取りなどの買取時の査定額が低くなりがちです。

そんな福祉車両を最も高い金額で買取してもらうには、数多くの買取業者が参加していて複数の買い取り会社からの見積りが簡単にもらえて比較しやすい中古車一括査定サービスを利用するのがベストな選択です。一括査定だとどのくらい金額が高くなるのか知っていますか?まずは自分の目で実際に一括査定を利用して金額がアップした方の事例を見て確かめてみてください。


>>> 実際の査定額の違いを見てみる



なぜ一括査定だと上の事例のような高い買取価格で売れるのかというと、複数の買取会社がお互いにアナタの福祉車両を買取しようとオークションのように競い合うために、1社だけでの見積りと比べて買取価格が高くなるからです。

車いすスロープがついた車、助手席やセカンドシートなどがリフトアップする車などの福祉車両車は特に需要が増えていますし、年式が古かったり、走行距離が多くても日本国内の中古車買取業者だけでなく海外のバイヤーからも需要があります。福祉車両のベースとなる車がハイエースやキャラバンなどの人気の商用車の場合はさらに輸出向けの買取が期待できます。ですから、海外への輸出ができる買取業者や外国に販売網がある会社などの複数の業者が参加している一括査定サービスを利用することで高く売れる可能性が大幅にアップします。

それに1社だけの査定の場合には比較検討する見積りがないので、平均的な買取相場より高いのか安いのか、その見積り金額が適正な査定額なのか判断できませんよね。特に福祉車両の場合には車いすの装置の違いもあるので、同じ車種でも他のクルマの金額は参考にならないことがあります。

具体的な例を出すと、介護福祉車両の10年落ちの平成19年式のハイエースコミューター型式がTRH200K、走行距離が10800km、グレードがDX、ウェルキャブ仕様がA社では135万円、B社では110万円、C社では105万円というような買取価格の場合に、最初にC社で査定してしまったら最高値のA社とは30万円もの価格差があり、かなり損をすることになってしまうからです。

では、有名なガリバーやラビット、アップル、カーチス、T-UP、ビッグモーターなどの中から、いくつかの中古車買取店に行けば良いと思ってしまいがちですが、店舗をまわる時間もかかりますし、車いすリフト装置などの説明やセールスマンとの価格交渉や駆け引きがあるので、期待していた金額より福祉車両の査定額が安かった場合などには値段だけ聞いて帰るというのが難しくなってきます。

そこで便利なのがネットで簡単にできる無料の中古車一括査定サービスです。

 

 
中古車一括査定サービスは、見積もりする介護福祉車両の年式や走行距離といった査定に必要な情報を1回入力するだけで、複数の買取業者から見積りがもらえるサービスです。忙しい中、ワザワザ時間と手間をかけて複数の店舗をまわる必要がなく面倒な交渉の必要もありません。一括査定は1社だけの査定に比べて高額な買取価格がでる可能性が圧倒的に高くなるので、利用しないという選択はハッキリ言って損をすることになります。

そこで、たくさんある一括査定サービスの中から、買取価格が高いと評判が良いモノを簡単に入力が終わる順番でランキングにしましたので自分に合うサービスを利用して買取価格を調べてみてください。※全て無料です。
 


それぞれの一括査定サービスごとに参加している買い取り業者が少しづつ違いますから、ランキングの上から順に複数の一括査定を利用することで、アナタの福祉車両をズバリ探している業者が見つかります。ということは、さらに最高値で買い取りする業者が見つかる可能性が高まりますから、売った後で「相場価格よりも安く売ってしまった…」と後悔したくない方はすべてのサービスを利用して最高値をゲットしてくださいね!
 
今売ろうとしている介護福祉車両が事故や故障で動かない場合ではどうなるの?と心配な方もいると思います。例えば、

・事故をした状態で動かず放置しているけど売れるの?
・肝心の車いすリフト装置が故障した・・・
・時々エンジンがかからなくなることがあり調子が悪い…
・ぶつかって傷がある状態で乗っていたけど普通に買取できる?
・CVTミッションが故障していてエンジンはかかるけど不動・・・
・エアコンが故障して風が出ないけど大丈夫?

・大雨などで水没してしまい冠水車になってしまった…

というような状態の福祉車両でも買い取りしてくれる会社があります。

コチラ⇒⇒カービュー事故車査定


事故や故障がひどい場合には日本国内での福祉車両の中古車としてニーズはないかもしれません。しかし車種にもよりますが、介護福祉車両は海外でも人気があるということで輸出向けのバイヤーや海外に販路のある会社が積極的に高額で買い取りしています。

アフリカやアジア、中東諸国など海外では、日本の中古車は需要が多くあり人気がありますから輸出した先の国で修理するという選択肢もあります。福祉車両のベースによく使われているハイエースやキャラバンなどの日本の商用車は流通している国も比較的多く外国人バイヤーが人気車種のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ドアなどの中古パーツを日本に買い付けに来るほどですから、どんな状態の福祉車両でも価値があります。

また日本国内でも福祉車両の事故の度合いが軽い場合には、おこし屋と呼ばれる鈑金業者が事故をした福祉車両を修理して再び販売するというパターンもあります。事故がひどい場合には解体業者が介護に関わる装置、車いす回転昇降装置やスロープ、リフトアップシートなどの部品、エンジンやミッション、外装部品などの利用価値のあるパーツを取り外し、ドアやヘッドライト、テールランプ、バンパーやフェンダー、ドアミラーやタイヤ等を中古部品として生産します。その中古部品が鈑金屋や整備業者などの修理会社やディーラーなどに販売されたり、ヤフーオークションなどを通じて一般のユーザーにも売られています。そのような形で事故をしている福祉車両もリサイクルされることが多いです。それに、鉄やアルミ、銅やレアメタルなど金属素材として再利用されるといった需要もありますから、車がどんな状態であってもまずは気軽に査定してみるのがオススメです。

 




【対応エリア】
北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京(千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/)/神奈川/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/三重/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄/札幌/仙台/さいたま/横浜/川崎/相模原/浜松/名古屋/堺/神戸/北九州/旭川/函館/盛岡/郡山/いわき/宇都宮/前橋/高崎/川越/船橋/柏/横須賀/金沢/豊田/豊橋/岡崎/大津/高槻/東大阪/豊中/姫路/西宮/尼崎/倉敷/福山/下関/高松/松山/久留米/那覇

 

Copyright © 2017- 福祉車両 買取